« ○秘レシピを公開中 | トップページ | ダイエット中の空腹解消法 »

2014年4月15日 (火)

ダイエットは、朝からが勝負!

ダイエットは、朝からが勝負!


私たちが毎日生きている限り、
必ず考えなければならないこと…。

それは「食事」です。

いくらダイエット中でも、しっかり
食事をとらなければ、体の機能が
上手く働かず、むしろ逆効果です。

そこで今回は、ダイエット中の
食事について焦点を当てていきます。

ダイエット中の食事は、なるべく
脂肪分とカロリーを減らすのが理想。

ですが、だからと言って食事の量を
単に減らしたり、脂肪分をとらないのは
栄養分の摂取という観点ではマイナスです。

「カロリーを上げず、栄養の質を向上させる。」

これが、ダイエットに効果的な食事の鉄則です。

これを踏まえ、ダイエット中の食事で
特に気を付ける5つのポイントについて
ここで紹介したいと思います。

=========================
■ダイエット中の食事で注意すべき5つのポイント■
=========================

ポイント1:朝食を抜くことは厳禁!!

人は、眠っている間に多くのエネルギーを消費するので、
朝起きたときの体は、エネルギーが不足しています。

朝食を抜くと、エネルギー不足の状態が解消されず、
交感神経の働きが鈍くなり、代謝が低下してしまうのです。

ですので、朝必ず食事をとり、
エネルギー源として各種栄養素を
しっかりと補給してあげましょう。


ポイント2:炭水化物は必ず摂ること。

ひと昔前、「炭水化物抜きダイエット」
というものが流行しました。

その名の通り、食べ物を摂取する際、
米、パン、麺などの炭水化物を多く含む
食品を抜くというダイエット法です。

実は、炭水化物を抜くのは、ダイエットに良くないのです。

その理由は、エネルギー源となる糖質が不足し、
結果的に代謝を低下させてしまうのです。

ダイエットに代謝の低下はマイナスポイントです。

最低でも一日の摂取カロリーのうち50%は
炭水化物から摂るように心掛けましょう。


ポイント3:主食を白米から玄米に変える。

玄米は、同じ量の白米に比べ、およそ

・食物繊維が5倍
・ビタミンB1が4倍
・ビタミンB2が2倍
・カルシウムが25倍

というように、各種栄養素が豊富に含まれています。

白米を玄米にすることで、同じカロリーの食事のまま、
含まれる栄養素の質と量を向上することができます。

また、かむ回数が増えるので、少量でも
満腹感を得やすく、代謝を高めるのにも
効果的であるというメリットもあります。

食べ慣れていない方は白米に混ぜ、
徐々に白米の量を減らしていきましょう。


ポイント4:砂糖と脂肪を一緒に摂らないようにする。

ダイエットにおいて、「砂糖と脂肪」の
食べ合わせは、特に注意が必要です。

砂糖を摂ると、インスリンが活発に分泌されます。

そうすると体は、脂肪を蓄えようと働き、
摂取した脂肪の分解を妨げてしまうのです。

そのため、砂糖と一緒に摂った脂肪は、
ほとんど分解されずに体に蓄積されます。

ですので、体に脂肪をつきにくくするには、
砂糖と脂肪を一緒に摂ることを避けましょう。

>>バターを塗ったトーストにジャムを塗る、
>>ポテトチップスを食べながらジュースを飲む、
>>油の多い食事の後にケーキを食べる

など、しないようにしましょうね。


ポイント5:食事をとる時間帯に気を付ける。

同じ内容の食事でも、食べる時間によって
太りやすくなってしまうので、注意しましょう。

人間の体は、夕方から夜にかけて、徐々に
エネルギーの消費量が低下していきます。

そのため、食べる時間が遅くなればなるほど、
食べたものが体に蓄積されやすくなるのです。

特に、夜摂った脂肪は、そのまま蓄積されやすいです。

ですので、なるべく夕食は早い時間帯に
済ましてしまうのがベストです。

遅くても21時までには夕食を食べるようにしましょう。


これら5つのポイントを押さえておけば、
食事で太るのを防ぐことが出来ます。

しっかりインプットしてくださいね。

さて、先ほどの話で、朝食を食べることが
とても大事だということをお伝えしましたので、

・「朝から食事を食べるのは苦手」
・「朝食の時間を短縮したい」

という方におススメの
「ダイエットジュース」を
ご紹介したいと思います。

====================
■朝からキレイを作るダイエットジュース■
====================

その1:太らない体を目指す「オレンジスペシャル」

<材料(2杯分)>
・オレンジ…1個
・にんじん…2分の1本
・グレープフルーツ…2分の1個
・氷水…80ml

<作り方>
1.まず、オレンジ、グレープフルーツ、
  にんじんの皮を取り除き、カットします。

  オレンジとグレープフルーツは
  種を取り除き、1口大にカットします。

  にんじんは、千切りにします。

2.切った材料と、皮を取ったレモン、氷水を
  ミキサーに入れ、30秒ほど混ぜます。
  
3.グラスに注いで、出来上がりです。

<メモ>
オレンジとグレープフルーツにはビタミン群が
豊富なので、体脂肪の分解を促す効果があります。
にんじんのベータカロチンで、免疫機能もアップ。


その2:むくみスッキリ!「グリーンスペシャル」

<材料(2杯分)>
・りんご…1個
・小松菜…2分の1束
・グレープフルーツ…4分の1個
・レモン…6分の1個
・氷水…100ml

1.まず、小松菜を洗い、水気を取って
  3センチほどの長さにカットします。

2.リンゴを洗い、皮を付けたまま
  1口大の大きさにカットします。

3.グレープフルーツとレモンの皮を取り除きます。

4.全ての材料をミキサーに入れ30秒ほど混ぜます。

5.グラスに注いで、出来上がりです。

<メモ>
小松菜にはビタミンB群の他、カルシウム、
カリウムなどが豊富に含まれていますので、
体の排出機能を高め、むくみの解消に効果的です。
リンゴで食物繊維と飲みやすさをプラスしました。


材料は、なるべく手に入りやすいものを
厳選していますので、佐藤さんも
ぜひ作ってみてくださいね。


次回は「余分なものを外に出して
痩せやすく、キレイな体になる方法」
についてお伝えしたいと思います。

要らないものを溜めこむことは
美容にも、ダイエットにも大敵。

それをパッと解決する方法をお話します。






« ○秘レシピを公開中 | トップページ | ダイエット中の空腹解消法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2008652/55783809

この記事へのトラックバック一覧です: ダイエットは、朝からが勝負! :

« ○秘レシピを公開中 | トップページ | ダイエット中の空腹解消法 »